私たちサートンホームのスタートは1989年。以来、“「職人魂」で一棟入魂の家づくり”を行ってまいりました。私たちが大切にするのは、「人が安心して住める家を人がつくる」ということです。そのためには、妥協は一切いたしません。心技を兼ね備えた職人・大工たちが情熱を持って「一棟入魂」の家づくりに取り組んでいるのです。

事例を見る

360°ビューで
物件全体を観る

  • 家づくりのこだわり
  • 「衣食住」で最も大切な「住」に携わり、約30年。家づくりへの熱い思いが、私たちの提供する家の基盤です。そのため当社では、家を売り物と考える社員は一人もいません。お客様の想いを共有した設計チームがアイデアを出し合い、社内プレゼンによって優れた案を選択する体制を確立。年間施工棟数を限定しているのも、一人のお客様とじっくり向き合い、夢をかたちにしていくためなのです。

  • 時代ごとに変化するお客様の課題に真摯に向き合うため、昔ながらの技術を継承した現代の職人を厳選。構造や性能を熟知した匠たちの知恵を結集し、手間隙を惜しまず、正確かつ柔軟で妥協のない家づくりを行います。さらに、震災や天災への安心、末永く暮らせる安心、将来の環境への安心などに徹底的にこだわり、一つ一つクリアしながら、安心して住める住まいの提供に努めているのです。

  • 知恵と工夫

完成後の様々な保証体制はもちろん、私たちはお引き渡し後のアフター対応にも力を入れ、住まいを見守り続けます。住まいをご訪問した際には、お客様の声に耳を傾け、そこで得られた貴重な情報を設計や施工スタッフにフィードバック。家づくりに反映させています。こうした対応が示すのは、私たちの手がけた住まいへの自信と責任に対する「本気度」にほかならないのです。

安心を支える第三者による検査や保証機構

施工エリア

新築住宅・中古住宅・売地
最新の物件情報は不動産事業部へ

f 不動産事業部物件情報へ >>